2015_diary_cover

2015
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
シーズン終了
2015/12/01

2015年シーズンも終了。
最終日はボッケへ日中の温かい時に行ってきました。
先週から降った雪は60p〜70pも積りボッケへの道は雪をかき分けてという感じでした。
天気は良く気温もプラス。風は東の風が時折強く吹きますがベタ凪よりはこの位吹いていた方がいい位。
ポイントはボッケ近辺を細かく歩こうと思っていたのですが最初に入った瀬の先端部で釣れ続いたので結局そこ一箇所で終えました。三投目で来てからほぼ3投位ごとに掛かります。狭い範囲ですが群れが居るようです。
時間は12時過ぎ。この時期は日中の方がいい時があります。釣り人にとってはありがたい。
今シーズンはいろんな事があり長い期間釣りが出来ない時期もありましたが最後の日にいい釣りが出来ました。
結局12匹のアメマスが遊んでくれました。産卵後という事もあり魚体は傷んでいますが来年5月には回復してまた遊んでくれるでしょう。
今シーズンも沢山の釣りのお客さんが当館を利用してくださいました。ありがとうございました。
また来シーズン魚達が大きく育ち遊んでくれることを願いましょう。またお待ちしてます。                   

61cm,65cmと大物が揃いました。
2015/10/12

楢戸さん、初日にニジマス61cm、今日はアメマス65cmと60pオーバーを揃えました。
ワカサギドライはなかなか難しい釣りですが大物が狙える釣りでもあります。
今日は午後から大島へ渡ってチャミングで誘う作戦です。
暫くは中々反応してくれなかったのですがやっと反応が出始めて間もなく楢戸さんに来ました。ガッチリとフライを銜えて楢戸さんのロッドを大きく曲げています。ランデイングネットが小さく見えるアメマスは65cmありました。
ニジマスに続いて60pオーバーです。大物釣り師だったんですね。
あと少しで迎えの船が来るという時間になってやっと私にも来ました。
フライをゆっくり引っ張って動かしたときに反応があり三度目の引きの時に強く引くアタリがありラインを3Xに変えていたので少し慎重にやり取りをしました。後ろに下がり岸に引きずりあげるように上げました。サイズは53p。さっきの65pを見ているので小さく見えてしまいますが充分楽しませてくれました。
阿寒湖は今、紅葉真っ盛りです。
釣りはこれから暫くワカサギドライで釣り人が高揚します。

10月5日PM
2015/10/05

午後出発は1時半頃。淡い期待を持ってガレバに向かいましたがポイントに着いたときは広範囲でライズが頻繁に起こっていてかなり期待できそうでしたが、みごとに期待は裏切られました。
それでもい時間ほど粘りましたが何も起こらず長い道のりを引き返して結局、朝のポイントへ入りました。朝いた釣り人も居なくて貸切状態。贅沢なもんです。
ここはすぐにライズが始まり一安心。魚が居ないことには勝負になりません。
私に最初に来たのがきれいなニジマスです。全身を出して掛かってきます。少し時間をおいてこんどは60cmオーバーのアメマスが来ました。
結局かけたのは2匹だけでした。フライへのアタックは沢山ありましたがなかなかフッキングはしてくれません。
この釣りの難しさですがライズの迫力はすごいです。

10月5日AM
2015/10/05

札幌出張から帰り今朝は河原さんとご一緒させてもらいボッケへ朝5時過ぎに向かいました。ボッケへの道は今間違いなく見られるのがエゾリスです。木から落ちたクルミを両手で支えて食べている姿が見られます。湖が見え始める頃あま〜い匂いが漂ってきます。どこかにコクアが生っているのでしょう。もうすぐ紅葉で綺麗に色ずくことでしょうが今はまだ6割程度の紅葉ですね。
散策路を抜けて阿寒湖が目の前に広がってきます。湖岸に降りて釣りの準備をして立ち込みます。
チャミングをして暫くするとゴボッ、ゴボッとライズが始まります。目の前で起きるライズは衝撃的ですがそう簡単に釣れるものではありません3時間ほどやって河原さんがイトウ、アメマス私はアメ1匹。魚は目の前で沢山確認している訳ですからもっと釣れてもいいと思うのですが・・・

ジカタで久しぶりのニジと出会った
2015/09/25

一か月半以上ですね。久しぶりのアップです。
逃亡生活から帰ってきてからも何かと忙しくホントに久しぶりの釣りになりました。
昨日から漁組のワカサギ漁も始まり秋の釣りの雰囲気が出てきました。
昨日来られた今野さん(今回は奥様同伴)と朝5時、まだ薄暗い中をボッケに向かいました。
少し北風が吹いていましたが釣りにはちょうどいい位です。最初沖のブイの辺りで引っ張りを40分ほどやりましたが一度追ってきたのを見ただけで全くのノーチャンス。
少し休憩してジカタに入りました。今度はワカサギドライです。チャミングの釣りは今野さん初体験。チャミングして間もなくニジマスの派手なライズ、アメマスの綺麗な横から銜えるライズが始まりました。
しかし私達のフライは見事に見切られているようで加えてくれません。2時間以上の時間が過ぎ色々とフライを試しながらやっていましたが結局加えてくれたのはビーズヘッドのマラブー。
決め技は肩透かし???でした。
結局その一匹だけ。
秋の気配を感じながらボッケで温泉で茹でた卵を食べてました。

忠類川初体験
2015/08/29

少し体調を整えるために調整のため留守をしておりまして、久しぶりの釣行。プチ遠征です。

韓国の高さん達と4人で私は初の忠類川へ行ってきました。手続きが良く解らず標津町の水産課の方にいろいろ教えて戴いたり手続きを面倒見ていただきました。
お陰様で初の私でも午前中だけでしたが2匹釣る事が出来ました。川が苦手な私としては上々です。
韓国の高さんは2度目という事でなかなか渋い中で9匹釣ってましたね。他の方達も釣れてボウズはなし。(一番危なかったのは私ですけどね)
綺麗な水なので泳いでいるのが見えます。魚は決して多くはありませんでした。釣れなかった方もいたようです。私の少し上4で釣っていたルアーの方は鮭を釣っていました。大きかったです。
常連らしき方に聞くと「去年よりはいいという程度だよ」という事でした。
そんな中でしたから高さんはさすがですね。川の釣り方を見習わなければなりませんね。
9月の中過ぎになると鮭の方が多くなるそうです。行ってみましょうかね。

トレーニング?
2015/07/20

なんだかんだといろいろありまして2週間ぶりの釣りとなりました。
阿寒湖ではワカサギの新子が出ている情報が入って来ています。が、2週間振りなので取り合えづトレーニングと称してひょうたんへ夕方2時間ほど行ってきました。
フタスジカゲロウがまだいるかと期待していったのですがさすがに終わったようです。
インレットは狭い所ですがそれなりにピンポイントでよく当たる場所が数か所あります。それらを順番に攻めて50pオーバー2匹、60pオーバー1匹。
楽しませてくれました。
魚の姿も見れたので明日は阿寒湖で新子の釣りをしようと思います。

カゲロウシーズンはまだ続くようです。
2015/06/28

今日は朝一はボッケに入るも何もなく、早めに戻ってランドへ丁度小島が空いたというので行く事に。
今日はバンブーロッドを持ってドライでやると決めてきたのですがまだ成果は出ていません。しかしタイミングが良かったのでしょう。モンカゲが出始めライズもそこそこ。やる気が出ます。
しばし、空振りをしてトレーニング?魚は結構居るようです。ライズもそこそこにあり掛からないまでもフライにも結構反応はいいので楽しめます。
そのうちに来ました、私にはフローテイングニンフをしっかりと銜えたアメマスがバンブーロッドに魂を入れてくれました。
掛かってからはホントに楽しませてくれるロッドです。
腹も減って寒さで体も冷えたので9時半頃一度上がって腹ごしらえ。
1時過ぎに再度小島へ向かいました。同行のハーデイングさんがなんと一投目から掛けました。45p位ですが金色がとても綺麗なアメマスです。
その後は私は一匹追加、沢山空振り、一匹は強い引きで一度も浮き上がらずに3分ほどのやり取りの末フックオフ。これは悔しかったです。2時半頃私は先に上がりました。ダンで一匹後はフローテイングニンフで良く出てくれました。この感じだともう少し楽しませてくれそうですね。

チャンスタイム
2015/06/20

小島へ行ってきました。時々ライズがありフライにも反応があるのですがそれほど腹は空いていないようです。
少し出ていた風が収まるとあちこちでライズが始まりました。モンカゲがハッチし始めたようです。
そうなると、それまでとは違い簡単に出てくれます。大きな口をあけて!
最初に来たのはモンカゲダン、そのあと、少し移動してフローテイングニンフで思いどうりの出方をしてくれました。
ところがその直後から急に北風が吹き始め空模様も怪しくなり雨もちらちらと降り始めました。
そうなるとチャンスタイム終了!?となり帰りの船の連絡です。
他のお客さんも釣れました。こちらがコントロールは出来ませんが状況判断は大事です。
わずかなチャンスタイムをいかさなきゃね。

モンカゲです。フローテイングニンフです。
2015/06/13

常連さんが4時頃到着。丁度行こうと思っていたので悩んでいるのを強制的に?誘って出かけました。
大島前に入ったのですが入りたかったポイントには先行者が居たので反対側の原野方向に入る事に。
これが正解でした。始めて間もなくお客さんのフローテイングニンフに何回も出ます。
ところがバレたり合わせが合わなかったりでなかなかキャッチできません。
そんな時に私に来ました。私も3回目くらいでフッキング。今年初のフローtリングニンフで釣れました。
モンカゲシーズンは短い中で私の一番好きな釣りかたなんです。今日は沢山出てくれました。掛けた魚の倍以上は出ていましたね。
どうやら魚達はすっかりモンカゲ気分になっているようです面白くなってきました。
モンカゲはあと2週間くらいでしょうか。楽しみましょう。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME