東邦館のおやじの釣り日記

2012
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
最終日
2012/11/30

5月の解禁から7ヶ月のシーズンの最終日が来ました。
迷ったのですがやっぱり馬の瀬に立ち込んでました。今朝は6時で−11℃出かける勇気はなく午後1時過ぎ一番暖かい時間に出ました。
阿寒湖周辺はここ数日の雪と寒気で国道以外は雪景色です。
大島前の駐車場も15pほど積もった雪がカチカチに凍っています。バリバリと雪を踏みながら釣り場へ向かいます。
今日は湖面も静かで風もなく最終日としては穏やかな天気です。気温も4度とまずまず。
今日はどうせ長い時間は出来ないだろうと思いインターしか持参しませんでした。シーズン初めと終わりはこのパターンですね。
時間は13:30分最終日の第一投大島に向かって投げてリトリーブを始めよう・・と・・もう手応えが!!
いきなりのアメマスは37p(数時も小さく)
ここであまり大きなサイズは期待していないのですが結局釣れたのは5匹で26pから43Cmでした。途中でいい手応えもあったのですが…バレ…。
最終日は7匹釣ろうと思っていたのですが5匹まで順調に釣れたのにその後はばれたりアタリだけ。3時近くなって少し風が出てきて手が痺れ始めたのであきらめて納めることにしました。

今年は天候に泣かされました。急に暑くなったり寒くなったり。春も雪に泣かされましたね。
魚は?沢山は釣れませんでしたが思い出は又沢山出来ました。いろんな方と釣りが出来ました。韓国のフライマンもたくさん来てくれました。
何より楽しい釣りをさせてもらいました。
みなさん有難うございました。

・・・・・今年の〆は26cmのアメマス・・・・・

−11℃
2012/11/25

日増しに寒さが厳しくなってきます。
このところ毎日朝方の気温がマイナス10度前後で続いてます。
私たちは冬になると気温の事はマイナス前提で話します。そろそろ今年もそんな時期になって来たようです。
今日もお客さんと4人での釣りとなりました。
6時のまだ薄暗いころに家を出て小島の前。いつもの道も雪が積もっています。
角に入りました。実は前々日の夕方に入ってライズが沢山の中で50pオーバーのアメマスを釣っています。今朝も立ち込んで間もなく朝日の出る頃ライズが始まりました。
何か虫を食べているライズです。いつもこの時期小さな虫を食べているライズがあり昨年はカデイスで数匹アメマスを釣りました。しかし今日は若干の波もありドライが見づらく、諦めてルースにングにすると間もなく来たのが小さめのニジマスでした。−11度の中ですから水中の方が温かいはずですよね。
私たちもぬれた手が冷たくて、痛くてたまりません。このニジを釣って暫くして冷たさに我慢できなくなり急ぎ足で帰宅。風呂へ直行でした。
人工降雪機で雪を作っているスキー場は予定よりも5日も早いペースで雪が出来ています。

6時時点で−6、6度
2012/11/19

朝の6時出かける時間で気温は−6、6度。
おまけに昨日の雪が5cmほど積もっています。
真冬になれば日中でも−15度くらいは当たり前ですが冬に向かっているこの時期は寒さはきつく感じるのです。覚悟して出かけなければなりません。
渡船で大島へ向かう事にしました。
今日は快晴。波もなくベタ凪です。大島に着くと湖岸の木からツララが出来て綺麗な風景を作っています。松の木に積もった雪とツララはさしずめクリスマスツリーですね。
今日は北側の瀬で引っ張りをやる事にして、私はスーパーインターにゾンカーを着けて始めました。
立ち込んで始めようと、ラインを出し打ち込んでさぁ〜始めようとロッドを立てて振ろうとすると引っ張られます。最初の打ち込みですでに銜えられたんですね。私はいつも一投目から釣れると思って始めます。昨日もヤイタイの崎で一投目で釣れたんです。その後最後近くまで釣れませんでしたが・・・
今日はその後も釣れ続けました。最初の頃は連発でした。産卵の終わったアメマスが戻ってきて盛んに餌を取っているという感じでしたね。40pクラスが中心です。大きいので49pありました。寒くて休みながらやってました。あったかいコーヒーがとてもありがたく感じます。9時に上がるまで結構楽しませてもらいました。欲を言えば一匹くらいニジマスが釣れてほしかったですが・・・欲ですね。
昨日の夕方千葉から来られている楢戸さんが小島の前でイトウを釣られました。42pの小さいイトウでしたが今時期めづらしいですよね。

快晴!ベタ凪で?
2012/11/16

今朝は快晴!という事は当然寒いのです。
6時でマイナス5度なので・・・出かけたのは7時。(動画の時間は1時間間違えてます)
いつもの通勤路?は雪が積もってます。向かう先はボッケ、ジカタ。
湖が見えてくるとベタ凪です。ベタ凪は久しぶりですがあまりいい状況とは言えませんよね。
ボッケのいつものポイントには先行者が居たのでまっすぐジカタへ入りました。案の定反応が無く時間が過ぎていくのですが1時間も経った頃でした。いきなり出たのが53pのアメマスでした。体の半分位は金色が戻りつつあるグッドファイターでした。しかしそこまででその後はまた静かになってしまうのでした。
そこで、先行者が帰ったボッケへ移動。
いつもの場所へ立ち込みます。すると間もなく一緒に来た楢戸さんに来ました。あっけなく釣れるんです。このポイントはいいんです。ほとんど釣らせてくれるポイントです。
時間も過ぎてきたところですがもう一か所やりたいところがあって移動しましたが釣れたのはそれだけでした。一度帰って風呂に入って体を温めて食事をし、休んで午後は1時に出発大島へ向かいました。
午後は始めてこられたお客さんも合流して出発。
入りたかったポイントは又、先行者が居るとの事で北側の瀬に入りました。しかしあまり魚っ気はなく合流されたお客さんが引っ張って一匹釣られたのみ。移動して国道側は入ってみましたがここも気配はなく、それでも一度いい手ごたえを味合わせてもらったのですが早めのリリース。日が落ちて急激に寒くなったので迎えに来てもらいました。
まだ4時前でしたね。この時期ってこんなに日が短かったでした?

0.5℃雪降る中
2012/11/11

朝、出かけた時の気温は0、2度。それでもしっかりと着込んで出かけたのでボッケまでの長い道のりもあって体はポカポカと温かかったのですが・・・
まず最初に入ったのがジカタ。今朝は3人での釣りです。ワカサギを撒いて始めましたがライズはポツリポツリとありますが沢山の群れではなさそう。
そうしているうちに私に来ました。いい型です。60pオーバーのアメマスです。産卵後なのでしょう。金色というより茶色に近い色です。その一匹だけだったの?という感じでその後はぱったりと魚っ気が無くなってしまいました。そこで、ボッケに戻り今度は引っ張りです。これは好調でした。タイミングも良かったのか頻繁にアタリもあり友人は連続して釣ってます。私も40pクラスを釣りました。そんな時でした。西の方で見えていた「あれは雪だね」といっていた雲が私たちに近づいてきたと思ったら急に雪が降り始め冷たい北風が吹いて来て時たま水に浸かる手の指先が痺れはじめ、そのうちに痛くなってきました。「休憩!」と言って岸の温泉まで戻り手足を温めながらの釣りとなりました。ボッケはこれが出来るからいいんです。その後友人が綺麗なニジマスを釣りました。
ここで10時頃までやりましたがその間にジカタの方へは2〜3人組の釣り人が3組くらい出入りしてました。
いいポイントなんですが今日は良くないんですね。
この時期にこれだけの釣り人が来ているのも今まであまりなかったと思います。この時期に釣れることが知られてきたんですね。
でも痺れました。指先が・・・

小島の前で
2012/11/09

今日は朝から北風が吹き結構な波です。千葉の佐藤さんが来られました。
午後からご一緒して大島の風裏になる?馬の瀬へ向かいましたがそこそこ竿も振れてアタリも頻繁にあるのですが掛かりません。
そのうちに佐藤さんに来ました。が、すんなりと寄ってきたのはあいつでした。で、移動することにしました。
車で戻って今度は小島の前。目の前の小島も紅葉がすっかり終わって白黒の世界になってます。
ここも北風が吹いていますが竿は振れます。
やり始めて間もなく私に来ました。40p位のアメマスです。佐藤さんは何故?かあいつに好かれてしまって連続釣れてますが3匹目にやっときました。待望のアメマス。私も4匹釣りました。
シンクテイップラインであの新作フライで。今日はチャートリュースが良かったです。
産卵が終わったばかりという感じのアメマスも居ました。戻ってきたんですね。ニジマスがどこか遠くへ行ってしまわないことを願います。

大島前で・・・
2012/11/05

新しいパターンのフライをカラーを増やして巻いてみました。当然試したくなるわけで、出かけましたよ。
午後の2時過ぎに大島前へ。雲の切れ間に見える雄阿寒岳の上部は雪景色です。北風が吹いていますがロッドが振れないほどではありません。…寒いですけどね…
5投目位できました。最初のアメマスは40p位。カラーはチャートリュース。この色で2匹。
次は白に変えてみましたが全く当たりなし。たまたまなのか色が良くないのか悩むところです。自分としてはいいと思っていたので・・・
そこで今度は赤と黄色を使った派手目?なやつを。これが結構良くてこれで2匹40p前後の小さいアメマスが遊んでくれました。産卵後なんでしょうが結構きれいな魚体でした。1時間ちょっとでした。後半手が冷たくて痺れてきてやめました。
今日はシンクテイップで引っ張りましたが反応は良かったですね。
寒さ対策をしっかりして釣りましょう。
明日はニジマスを釣りたいなぁ〜。カラーを増やしましょうかね。どうですかね

ジカタ〜大島
2012/11/01

今日は昨夕、急に来た河原さんと朝ボッケへ向かいました。
「ボッケへ行く」と言ったら女房が「ゆで卵作ってきて」と卵をワンパック渡されました。
まずは温泉に卵を入れて40分いつもの瀬へ立ち込みます。昨日の夕方は魚が居たんですが今朝はアタリが一回あっただけであとは沈黙。
40分ほど経ったところで茹であがった卵を一つずつ食べて一休みして本命のガレバへ移動。
ここではワカサギドライの釣りです。チャミングして間もなく出始めました。ライズを狙ってキャスト、ライズの数からいって沢山釣れそうですがそれほど甘くはありません。けっこう我慢の釣りなんです。
9時近くまでやって私に大きなニジマス、河原さんにはこれも大きなアメマス。
帰って朝食を食べて私は午前中会議。午後一で大島にわたっている河原さんを追いかけました。
大島では沢山のライズに囲まれましたがこれも簡単には釣れてくれません。
やっとという感じで私はアメ一匹、
河原さんは此処で大きなニジをかけました。取り込むのに約8分かかってました。小さ目のニジもかけてました。
それだけです。難しい釣りです。ライズが沢山なだけに・・・

フライを巻いて
2012/10/31

新しいフライを考えて・・・巻いて・・・出かける。
ある意味、やる気を充電するようなもんなんです。沢山巻いて貯めるという事はあまりしません。出かける前にフライを巻くことが多いんです。出かけたくなるんです。
そんな事で・・・昨夜も巻きました。これからの引張り用のフライを。
午後からでしたが出かけたんです。気温は8度北風が少し強いです。
落ち葉で敷き詰められた遊歩道をボッケに向かいます。どこにも誰もいませんこんな寒い中誰も外出なんてしませんよね。
ボッケのいつものポイントに立ち込みました。風は強いですが何とか投げられそうです。
やり始めると間もなく手前で掛かりましたが何回か首を振られて外れてしまいました。その後も2回に一回くらいはあたりがあります。間もなく来ました。35p位のアメマスです。30分位の間でした。3匹釣れましたが。それでぱったりとアタリもなくなってしまいました。寒い事もあり移動することに。
つぎは小島の前、ここも落ち込みの辺りを狙います。間もなく来ました。今度も40p位のアメマスです。15mほど前の落ち込んでいるあたりで時々ライズがあります。新しいフライで結局5匹釣れました。いい結果です。少し改良してまた明日出かけましょうかね。

週末の3日間
2012/10/28

久しぶりに?週末出張もなく阿寒湖でお客さんとの釣りをする事になりました。
4月から実に33回、東京5回、札幌で28回の会議がありほとんどの週末を出張で費やしていました。北海道スキー連盟が広域法人となりその為に会議が多かったのです。こんな事は今年だけでしょうけどね。
今年の秋はワカサギが大漁です。そのせいか、例年に比べて小型です。とても小さいのです。沢山居るんでしょう。立ち込んでいると足元など周りに沢山のワカサギが泳いでいます。この時期になってもこんな状況は珍しいです。
例年この時期になると私は大きなニジマスを釣りたくて出かけます。アメマスが産卵のために川に入ってしまうとどこにこんなに居たの?と思うくらいニジマスが出てくるのです。釣れる確率もグンと上がります。
そんな中この時期たまにやるのがワカサギのチャミングという釣りかたです。阿寒湖で採れたワカサギを撒いて待っているとニジマスがそれを食べに出てきます。そこへワカサギドライをキャストして釣るというわけですが魚は出てくる確率は高まりますがそう簡単に釣れるものではありません。今回も2日やりましたが5,6人で並んでやってましたがほとんどの人がボーズでした。目の前で激しいライズの嵐が起こっているのですが見事にフライと本物を見切っています。今年は特にアメマスが多いのでそうなるんですね。アメマスが多いと何故かニジマスは控えめなんです。なかなか出て来てくれません。3日やってニジマス1匹アメマス2匹というところでした。
11月中旬になるといつもの年は戻りアメマス(産卵から戻ってきたアメマス)が荒食いを初めて引張りで沢山釣れるようになります。(すごく寒い中での釣りです)今年はどうでしょう。
シーズンもあと一か月余りとなりました。寒さ対策をしっかりして残りの日々釣りまくりましょう。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME