阿寒湖での嬉しい一枚


館長が綴る徒然日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。
冬の時期はスキー関連の情報などもありますよ。
年間を通してお楽しみ下さい。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME
スキーシーズン直前
2009/12/07

12月に入りました。釣りシーズンが終了して私はスキーのシーズンに入りました。
今年から観光協会で阿寒湖畔スキー場を運営することになりスキー場の場長として運営にあたることになりました。普段はスキー場に居りますので来られたときには声をかけてください。冬の阿寒を楽しんでいただきたいと思います。おまちしてます。
11月20日から人口降雪機を稼動して雪造りをして来ました。これまで順調に作業が行われ合宿、大会などが行われるコースがほぼ完成するところです。10日から合宿の受け入れが始まります。今年はいい状態でコースが出来上がりそうです。
今朝、動画を撮ろうとモービルでコースを上がっていくと最初の急斜面でモービルのキャタピラがスリップして登らなくなり、おまけに止まったとたんに滑って落ち始めあわてて飛び降りましたがモービルは転がりながら沢へ落ちていきました。モービルも私も無事でしたがヒヤリとさせられました。昨日の湿った雪と雨が降った後圧雪車でコース整備をしたのですがそれが昨夜の寒気で氷のように固められていたのです。油断してました。暫くモービルはやめる事にします。
競技者には良いコースとなったという事なんですね。スキーを履くのが一番安全ですね。
道東はあまり自然雪が降りませんので降雪機で雪造りを進めて26日の予定で一般スキーヤーの受け入れを予定しています。順調に予定どうりオープンできるよう努力します。沢山のスキーヤーの皆さんに訪れていただきたいと願ってます。お待ちしてます。!!

シーズン最後の100分です。
2009/11/30

シーズン最後の釣りとなりました。氷が漂う中で始まったシーズンでした。一匹目はニジマスというスタートでした。7ヶ月があっという間に過ぎてしまいました。
最後の今日は天気も良くそれほど寒くもなく最後の釣りを午後2時半頃出かけて楽しんできました。最後は馬の瀬にしようと思ってました。
一投目から掛かります。中型のアメマスが群れているようです。キャストする毎にあたりがあります。マラブー、ゾンカーと使い分けましたが若干マラブーのほうが掛かりはいい感じです。
4時頃には暗くなり始め完全に陽が落ちてからはさすがに冷えてきて最後の47cmのアメマスで釣り収めとしました。
今シーズンも楽しませてもらいました。沢山の釣り人の皆さんと楽しんだ思い出ができました。最後も楽しませてもらいました。ありがとうございました。5月までどうやって楽しみましょう。巻きますか。

風邪治りきってないんですけど
2009/11/26

グズグズと長引いている風邪なんです。治りそうになると出かけるのが良くないのかもしれませんが。
今シーズンもあとわずかとなって来ました。昨日、札幌の河原さんから電話が入りました。仕事で近くまで来たので夜着くように来られるとのこと。
私は夜出かけていたので早朝は寒いし魚も今一なのでゆっくり出かけましょうと言う事で今日の朝は食事を取って8時過ぎに出かけました。
行く先はボッケです。湖が見えると北風が結構吹いてます。私はボッケの先のほうへ入り、河原さんはジカタへ入りました。1時間ほどやってましたが体も冷え切ってきたので岸の温泉で温めていると河原さんも戻って来ました。「どう?」と、私。「まったくあたりも無しですね〜。」「こっちは2回あたりましたよ。」「へ〜、そうですか。じゃ〜こっちでやってみますか」という事で河原さん早速私の居た辺りに入りました。私はまるで露天風呂気分で岸の温泉にしばらく浸かってました。これが気持ちいいんです。
暖まったところで私も河原さんの傍へ入るとまもなく河原さんに来ました。小さめのアメでしたが手元でばれてしまいます。その後まもなく今度は大きいアメマスをかけました。さすがです。私は指先の冷たさに我慢できず集中できてません。60cm近いサイズのようです。動画を撮って私は又温泉に浸かりに岸へ。
11時近くなって河原さんも戻ってきました。この辺にしときましょう。という事で終了。河原さん。今シーズン最後の阿寒湖での釣りを良い〆で終わったようです。私は終われないでしょう。ぼうずじゃね。

風邪気味なんですけど
2009/11/22

札幌で会議があり昨日の午後帰って来ました。丁度札幌から石倉さん、石川さんが来て木曜から東京の豪君が来て居ましたが少し疲れのせいか風邪気味で昨日はお休み。
今日の朝一緒にボッケ、ジカタと2時間ほどやりました。
朝はマイナス気温で陽が上がるまでは寒いこと!ラインはもちろんリールも凍るしキャステイングがまったくスムーズにいきません。
寒さのせいか魚の気配もまるでなし。痛いほど冷えた手をボッケの温泉で温めながらの釣りです。
私はまったくだめでしたが石倉さんが一匹50cmオーバーのアメマスを釣り2時間ほどで切り上げ。
戻って温泉に入り冷えた体を温めて朝食。
私は昼過ぎまで休んでましたが彼らは昼頃にはもう出かけてました。
私も準備をして大島前へ向かいました。去年の今頃馬の瀬の辺りで入れ食いになった事があって今時期は日中此処がいいのです。
行くと石川さんが一人でやってます。横に入れてもらって一投目で早速きました。40cmほどのアメマスです。ここはあまり大きなのは出ませんが数が出るのです。
と、幸先いいと思ってましたが後が続きません。私は引っ張り、石川さんはルースニング。引張りでは掛かりが悪いとの事でルースニングで私が来るまでに5匹釣られたそう。
たしかに引張りではスピード調整が難しそうです。それでも粘って1時間半ほどでしたが5匹釣れました。
もっと釣れるかと期待して入りましたが冷たさが凍みる結果でした。
今週は寒さが続きましたが来週は少し暖かくなるようなので期待してます。
早朝よりも日中から日没のほうが釣れる感じですね。
もっとも、早朝の寒さはこっちが辛いんですが。
釣りから戻ったらまっすぐ温泉ですよ。くれぐれも・・・

一人でボッケへ
2009/11/16

昨日の午後2時間ほど久し振りに出かけたのですが釣果はなく、それと前回悔しい思いをしたあの大物が忘れられづ?朝6時雪景色の中出かけました。一人で。
深夜に降った雪を踏みしめながら所々凍っている道を一人でボッケまで歩くのはチョッと寂しいものがありました。
気温は0度青空が出ていたのでそれほどに寒さは感じません。ポイントに着いて気が付いたんですがランディングネットとラインボードを忘れてきたのです。(寝ぼけてた?)
仕方ないなとあきらめて準備をして立ち込みました。今日は10番のダブハンにフローティングラインです。フライはいつものゾンカー。
キャステイングを始めて5投目位でしょうか。ゆっくりと引っ張っていたラインが重たくなりました。合わせると魚が反転して尾びれが見えました。
いいサイズと判る大きな尾びれです。先日のバラシが頭をよぎったので慎重に寄せました。こういう時に限ってネットがないんですね。63cmほどの綺麗なアメマスです。(前回のバラシはニジのはずだったんだけど)
と、思いつつも十分楽しませてくれたアメマスに満足です。
その後は色々と試しながら2時間ほどやりましたが何度かあたりがあった程度で手も冷たさでしびれ始めたところで終了。行った甲斐はありました。

10日振りの釣り
2009/11/08

お久しぶりです。いつも日記を見ていただいてる方から先月「この頃日記があまり更新されてませんね」と言われました。そうですね、今年は今まで以上に釣りはしてるんですが帰ってくると疲れてしまってパソコンの前に座ると寝てしまうことが多くてついつい書きそびれることが大半でした。・・・と言うことで反省をして久しぶりにお客さんと釣りをしたので書くことに。
札幌から来られた土居さんと10日振りくらいでしょうか出かけました。
朝一はジカタへ。少し前に東京から来られた浅見さんが私が出張で居ない時に78cmのニジマスを釣ったのが気になっていたので入ったのです。
6時半頃着いてやり始めてまもなくきました。それもかなりの大物です。久しぶりに持ってきた10番のダブハンが大きく弧を描いてます。強烈な走りも見せてくれます。ニジだったかもしれません。・・・そうなんです。またもやバレ。久しぶりの引きでした。
その後の期待をさせてくれるバレだったのですがそれきり。9時過ぎには戻って朝食をとり10時半に出発今度は渡船でヤイタイの崎へ入りましたがちょうど吹き始めた風に翻弄されて釣りにならず場所移動。
来てくれた師匠が移動の途中通りかかった小島が「良さそうだね」と言う事で下船。
これが大正解。1投目であたりがあり、2投目でかかりました。57cmの金ぴかアメマスです。久し振りのご対面でした。その後西側に移動してまた50cmオーバーを一匹。土居さんが札幌へ帰る時間が来たので終了しましたが南東の風が吹いた時の小島はいいです。
今日は天気もよく暖かで釣り日和でした。これからは寒さが厳しくなります。気お付けましょう。
それにしても朝一の悔しいこと。

近況報告
2009/10/19

寒いときには早朝マイナスになる日もあるこの季節。遅れていた?紅葉は今年はこんな出来かなという感じでそれなりに色づいてます。千葉から来られたお客さんとこの二日、大島前、馬の背、原野、シリコマ、イシカラ、砂浜といろいろ巡ってきました。大きく変わったのはシリコマは「終わった?」という感じです。沢山釣れるシリコマではありませんでした。散発ライズでたまに釣れる・・では、シリコマではないのです。例年この時期で終わるんですけどね。
良かったのは大島前、馬の背ですね。一時入れ食いました。久しぶりに面白い釣りが出来ました。日中暖かくなり小さな虫が流れ始めた時はライズに囲まれましたが私の苦手なパターンでやっぱり釣れませんでした。夕方です。突然釣れ始め4連発もありました。薄暗くなりワカサギが水面に沢山見られ始めた頃群れでアメマスが入ってきたようでした。
北側はこれからでしょう。「ライズが遠い」という感じです。
これから寒くなりますが私は密かに期待してます。去年の経験で11月はいい釣りが出来たので。ただ、寒いです。ガイドが凍るしリールが凍ります。でも釣れるんです。私は行くんです。

ワカサギ漁が始まりました。
2009/10/15

例年になく遅れていたワカサギ漁が始まりました。大きめなワカサギの天ぷらは本当に美味しいです。家では塩をまぶしたのをホットプレートでカリカリに焼いて大根おろしに醤油、一味をかけて付けて食べるのもお奨めです。
紅葉も今が盛りでしょうか。今年の紅葉は今一ですが阿寒川の紅葉はいつも素晴らしい景色を見せてくれます。
そんな中、札幌から来た常連の石倉さんが私が札幌へ会議に行った昨日の朝ボッケで57cmのニジマスを釣られたという事で2匹目を狙って昨日の午後と今朝行ってきました。しかし私には2匹目のニジもアメも出てはくれません。石倉さんにはアメが出てくれるんですが。
今朝、集金に来た漁組の逢坂さんが言うには硫黄山川インレット、大島前、ガレバではけっこう釣れているそうです。ガレバでは76cmのニジが釣れたそうです。いずれも小さな川が入っているところです。
「場所だよ」と言われてしまいました。なるほど・・。

マリモ祭り60周年記念マリモ生息地観察会
2009/10/08

今年60周年を迎えたマリモ祭り。
午前10時半から「まりむ館」でセミナーを開催してマリモの学習をしていただき午後1時に出発してチュウルイ湾のマリモの生息地へ向かいました。
普段は特別保護区で一切立ち入る事のできない場所ですが特別に観察会で開放しています。
今日は参加者、メデイア、主催者スタッフ合わせて40名ほどになりました。
生息地の環境などの話を研究員の先生からしていただきその後船に乗り群落のある場所へ行き覗きメガネで湖底のマリモを観察します。
湖の底にある大、小のマリモを見ることが出来ます。
湖岸に打ち上げられていた大きなマリモを湖に返してあげる経験もすることが出来ました。
また、チュウルイ川の中にはこの時期産卵に向かう沢山のアメマスの姿も見られます。
今年は紅葉が遅れ気味でまだ色づいていなかったのは残念でした。
帰りにはこれからスタートするシリコマベツ湾のマリモの再生事業の成功を祈願してアイヌの人々による祈りと踊りが行われ事業の成功を祈りました。
今年参加された方は今まで行われなかった内容が多くあったので楽しまれた事と思います。

復活?シリコマ
2009/09/24

19日の午後、魚が川に遡上して落ち込んでいたシリコマでしたが今日久しぶりに行ってきました。
2日ほど前から釣れ始めている事は聞いていたので確かめに行ってきました。渡船したのは私と家のお客さん、それと北見から来たフライマン計3人。
船が岸寄りするとライズが見られます。良さそうな感じです。
釣り始めるとすぐにあたりがあり連続して釣れます。新しい群れが入ってきたようです。広い範囲で釣れますのでかなりの群れが入ってきている様子。
それに魚も綺麗で初めの頃に比べて小さな魚はいないようです。いい状況です。9時に上るまでに3人とも40〜50匹前後釣れました。良くなりました。
シリコマが釣れなくなって暫らくあちこちとポイントを探していってきました。
お陰で?ヤイタイ島、小島、大島、砂浜と巡ってきましたがどこも魚は居る事が解りました。昨日午後の小島はライズだらけで(小さな虫を食べていたようです)翻弄されてしまいました。私の苦手なパターンでボウズでした。3回ほど掛かったのですが全部バラシでした。久しぶりに悩みながらあれこれ試す釣りをしました。これはこれで楽しいんですがやっぱり一匹位は釣れないといけませんよね。まだ修行が足りません。そうそう、小島の岸でキノコを見つけました。ぼりぼりの見事な塊でした。取って持ち帰ったら女房が大喜びでした。釣りから帰ってこんなに喜ばれた事はありません。
うちのお客さんたちがどのポイントでもいいニジマスをかけました。私には釣れないんですけどね〜。
シリコマだけではない秋を迎えてます。

menu  前ページ  TOPページ  次ページ  東邦館HOME