東邦館のおやじの釣り日記

2006
館長が綴る釣り日記です。
釣りだけでなく、阿寒の自然や、その時の出来事なども記録していきます。

menu   前ページ   TOPページ   次ページ   東邦館HOME

朝飯前じゃなくて、昼飯後
2006/10/29

東京、札幌と会議やら何かと忙しくしてました。昨日の深夜帰宅。10時過ぎ、釣りに来ていた石倉さんとランドへ行き師匠の入れてくれたコーヒーを飲みながら雑談をしているうちに「釣りにでも行くか?」という事になり昼飯を食べ準備をして午後一で出かけました。
向かった先はキナチャウシの湾です。
もうそろそろ産卵を終えたアメマスの食いがよくなる頃だろうと話をしてたのです。
それぞれの釣り方で始めました。
私はタイプUのシンキングです。一投目からあたりがあります。
二投目、少しスピードを調整します。きました。
久しぶりの魚の引きに思わず「でかいぞ!」と叫んでいましたが釣れたのは40CMを少しオーバーしたアメでした。続けて投げると一投目でかかります。今度は50CMクラスのアメでした。一安心、かかったのが近かったので次はルースニングで狙います。(いろいろやりたいのです)
師匠は引っ張りで順調に釣れてます。(いつものように)
石倉さんは得意のルースニングで始めました。少し出遅れたのですが一匹かかった後は入れ食い状態になり今日一番の大物を釣り上げました。
天気も良く気温も今の時期としては暖かく日中にこれだけ釣れれば申し分ありません。気まぐれに出かけてきた釣りでした。こんな事もあります。
盛んにライズしていた魚たちはどうも、てんとう虫を食べているようです。てんとう虫のフライ?気が向きません。と言うか作れません。

五時半現在一度です。さむ〜
2006/10/14

朝五時半。ランド集合。気温1℃。車の窓は霜で真っ白です。湖上はガスで覆われてます。
今日は久しぶりの釣りです。師匠とレデイ?二名のめずらしい組み合わせでの釣りとなりました。
桟橋を出たのは6時半頃。船上は風もあり寒さがこたえます。
シリコマベツの湾へ向かいます。木々も色ずきガスがはれて青空が出てくると暖かくなり冷えた秋の空気が心地よくなってきました。
女性二人は初心者でキャステイングの練習を兼ねたような釣りになりました。ルースニングで探ります。
ガスが晴れた頃からあちらこちらでライズが始まりましたがいまいち食いが渋く一気にマーカーを消しこむようなあたりではありません。ちょっと目を離していてタイミングが遅れるとかかりません。かかっても掛かりが浅いのかばれてしまいます。
師匠は引っ張りで数匹釣り、その後は女性たちの世話役です。釣れたアメマスは産卵期のさびの入ったものでしたが結構良いサイズも釣れてました。
そろそろ産卵も終わりのようです。これから食いがよくなるでしょうね。でも、寒い!朝夕は寒さ対策を十分しましょう。日中は日が出るとぽかぽかと快適ですが。

ご無沙汰です。
2006/09/29

出張やら、会議の連続で約二週間振りの釣りとなりました。ご無沙汰しているアメマスにご挨拶にといってきました。
朝早く札幌から来た石倉さん、ナリスケ夫婦、そして師匠。
最初は石倉さんと二人でヤイタイの瀬辺りの小さい川の入っているところに入りましたが始めると風が強まり真正面の風で岸際が濁りはじめてしまい、師匠に電話して迎えに来てもらい結局シリコマへ入りました。
最初は立ち込んで引っ張り。あたりなしで次はルースニング。ライズはたまに忘れた頃遠くであります。
船でやっていた師匠たちが釣れはじめたのが4時過ぎ頃、船上はにぎやかです。
こちらはフライを取り替えながらひたすら辛抱です。
そうこうしていると見かねたのか船が寄ってきて「乗りなさい」と師匠の声が。
乗せてもらい先ほど釣れていた場所へ行くと早速、石倉さんにかかりました。ビーズヘッドのマラブーです。
私もフライを変えてかかりましたがちょっと早めのリリースです。
5時頃、太陽が山の陰に隠れた頃、先ほど立ち込んでいた辺りに行くと石倉さんが立て続けに釣りました。
休んでいた師匠が投げると一投目でかかります。私にもきましたが今度もちょっと早めのリリース。魚の引きは久しぶりに味わうことが出来ましたけど・・・
二週間ぶりのシリコマベツは前回と同様早朝とイブニングが良いようですね。
40CM前後のアメマスが楽しませてくれました。
水温、気温共に冷たくなってきました。寒さ対策を万全にしましょう。

やっと快晴の中で
2006/09/16

今年4回目のカラフト釣り。雨、風、波、そして、少ない魚。思いどうりとは行かなかったカラフト釣りでしたが4回目でやっと快晴、無風、魚は沢山の好条件の中でやることが出来ました。
今日のメンバーは師匠、友人、お客さん3人。での釣行です。
過去2回行く事が出来なかったペキンへ渡る事が出来ました。釣り場に着くと魚だらけです。岸から少し沖まで背びれを見せて大群が泳いでます。
しかし、釣り始めると思った通りスレ掛かりばかりです。ロングキャストで沖に居るだろうと思われる銀ビカを狙いますがそこもブナかかった魚の大群。仕方なくそこで暫くやってましたが光った魚を探して師匠と二人で右奥のワンドを見に行きました。
向かう途中で中間辺りで沖に出ていた岩場に渡れそうなので言ってみると潮がひいているので渡れそうです。そこに立つと正面が沖に向かって開いてます。
早速キャストすると2投目でかかりました。光ってます。水中で反転するとギラリと光ります。パワーもあります。50M位引き出されました。がっちりとフライを口にくわえ手こずらせてくれたギンピカはメスでした。
その後、師匠と並んで十数匹釣りましたが潮が変わって魚が移動したようであたりが止まってしまいました。元の場所に戻ると一緒に来た人達もものすごく釣ってました。今日は理想的な状況の中で釣る事が出来ました。釣れた数は途中で数えるのが嫌になるほどでした。今シーズンのカラフト釣りもそろそろ終わりでしょうが最後に良い釣ができました。
一年振りに綺麗な朝日も見れ、最高の景色の中で最高の釣りをする事が出来ました。11時に終了。
心地よい疲れが体を包み込んでくれます。思わず『知床旅情」を口ずさんでました。

一年ぶりの尻駒別インレット
2006/09/12

「そろそろ尻駒別のインレット辺り良いかもしれないね」と話をしていたんですが、太田さんが昨日朝から一人で入りました。昼頃迎えに行くと「10匹くらい釣れました」との事で今日早速早朝5時からお客さんと5人で向かいました。
無風状態でベタ凪です。水温は17度位インレットは冷たさを感じるくらいです。ワンドのあちこちでライズが見られます。あきらかにウグイでは有りません。やっとウグイから開放されたようです。
インレットの右側の葦際が良さそうです。太田さん長崎さんがそこを狙います。私はダブハンで中央のワンドのライズを狙います。最初はルースニングで始めましたが良くあたりがあります。始めの2回が良い手応えだったんですが合わせ切れ。合わせが強すぎたんでしょうか。その内に太田さんにもかかりました。かなりやり取りしていたんですが最後にばれてしまいました。大きなニジマスでした。太田さんは結局、50CMオーバーのニジ、40CM位の元気なアメ数匹を釣り。長崎さんは大きなニジをかけましたがラインを切られマーカーごと持っていかれてしまいました。4番ロッドに4Xでは厳しかったかもしれません。最初の走りに合わせられませんでした。しかし、「いい経験が出来ました」と言っておられました。
私はニジ、アメと数匹釣る事が出来ました。
まだこれから魚の数も増えてくることと思います。今年はいい型のニジマスもいるので楽しみが増えた感じです。日中はライズもなくなり釣れなくなりますが朝と夕方はかなり楽しめます。
マラブーを引っ張っても結構かかりました。藻が多いところなのですが場所を選べば結構引っ張りも楽しめます。
そうそう、湖面スレスレを飛んでいる糸トンボを飛び上がって食べてます。トンボフライで湖面スレスレを飛ばすと釣れるんでしょうね。出来ますかね???

ガレバで大群にやられた。
2006/09/10

今日も午後から太田さん、石倉さんと出かけました。
強い南の風が吹いているとの事でガレバへ行くことにしました。
最初にワンドのところを見ると沢山ライズしてます。風が東に変わったようで小さな虫が沢山流れてます。とりあえず此処でやろうということで始めましたが釣れるのは予想どうりウグイばかりです。崎の方へ行けばニジやアメが居るかもしれないと移動です。
移動してみるとこちらも沢山のライズですがやっぱり釣れるのはウグイ。時折遠くでマスらしきライズが見えますが届く範囲はどうやらウグイの大群のようです。ドライでもルースニングでも引っ張っても何でも釣れます。だからウグイは嫌われるんでしょうか。
あきらめて阿寒川へ行くことにしました。時間もあまりないので滝見橋へ入りました。川岸へ降りるといますいます。良いサイズのニジマスが群れになって。
私はワカサギドライでやりました。結構出るんですがかかりません。阿寒湖用に作ったものなのでサイズが大きすぎるのかもしれません。出方は見事なジャンプを見せてくれます。
太田さんがかけました。ワカサギタイプのストリーマー?を沈めたそうです。サイズは50CMを軽く超えてます。やっぱりニジマスのほうが釣れて嬉しいです。真っ暗になるまで粘りました。ライズもするようになりましたが私は老眼鏡が必要なくらいになってギブアップ。

今日も
2006/09/09

今日も行きました。ひょうたんへ。
仙台から来た大田さんと札幌から来た石倉さん二人と。
まずはインレットへ。ドライから始めます。最初に来たのは小さなニジです。此処で生まれたこの小さなニジはとてもきれいです。しばらくしてフライを変えピューパをゆっくりと引いたときに来たのが40CMジャストのきれいなニジでした。
暫く粘りましたが反応がなくなったので移動することに。
いつもの場所に入りました。しかし此処も反応が悪くライズはあるのですが何を食べているのか解らないのです。風があり波立っているので余計わかりません。
そのうち石倉さんにかかりました。ロッドがいいしなり具合です。45CMのこれもきれいなニジマスです。沈めてゆっくりとリトリーブして釣りました。魚はベタ底に居るようです。暫く粘りましたが5時を過ぎたし阿寒湖へ戻ることにしました。
阿寒湖に戻ってランドの桟橋へ後僅かの時間を楽しむことに。
桟橋からの第一投目から釣れます。インレットの流れ込みの中に入れるとすぐにかかります。
私は2匹釣れたところで帰ってこいコール。残った二人はかなり釣れたそうです。

夕まずめのヒョウタン沼
2006/09/08

東京から台風と共に来た柳生さんと「ちょっとヒョウタンでも行ってくるかい?」と夕方出掛けました。
場所柄、夕方は行ったことがありませんでした。5時頃着いて、最初はドライで始めます。此処はいつもドライから始めてルースニング、引っ張りというパターンでやるのです。
最初のドライにはすぐに反応があります。今日の魚は小さいのがかかりました。20CM位です。いつも一投目は釣れる覚悟?で投げるのです。それからも反応はありますが小さいのばかりです。
ルースニングに変えて色々フライを交換しながらやってみますが中々かかりません。やっぱり最後はマリモかと(ビーズヘッドでアイスダブのブラックをくるくると撒いただけのフライで緑がかっているのでマリモの色に似ています)を付けてインレットの落ち際に入れたときに来ました。40CMオーバーのひれピンのきれいなニジマスでした。体形もシャープで色の濃い魚です。
その後もライズは頻繁にあります。真ん中辺では時折大きな音を立ててライズがあります。岸際の葦や水草の中でも頻繁にライズがあります。その割には釣れる数が・・・・少ないのです。
日の短い季節になってきました。うす暗くなるとあまり気持ちのいいところではないので帰る事に。
秋はすぐそこです。ヒョウタンの水も冷たくなってきました。

三度目のカラフト
2006/09/02

今年三度目となります。群れが入ってきてだいぶ良くなったとの話を聞き期待して深夜の車の中も盛り上がります。
3時半頃相泊の港に到着。早速準備をして船に乗り込みましたが3艘の船はどれも満杯の釣り人。出航して沖に出ると結構うねりが高く今回もモエレウシに降りることにしました。
ついていたのは我々の乗った船が一番先だった事でした。この人数だと一度着いた場所は変えることが出来ないのですぐに状況を見て、魚の姿が確認できたインレットに決めました。
薄暗い中準備をして釣り始めました。一投目からあたりがありましたがフッキングしません。二投目。かかりました。ガツンというあたりの後左右に強い引きで走ります。今日の一番目のカラフトはギンビカのメスでした。その後すぐに二匹目を釣り、今日はいいかなと思っていたら明るくなり始めると共に魚は沖へ移動してしまいました。5,60mから100mくらい沖で群れています。フライでは厳しい距離です。
こうなるとルアーや浮き釣りに分があります。一緒に来た山梨のお客さん二人が釣れ始めました。初めてのカラフト釣りでその姿を見て感激されてました。私はその後一度だけ近くに寄ってきたときに一匹釣れましたが、それで終わり。その後は11時に上がるまで岸寄りしてくれませんでした。一緒に行った佐伯さん、石倉さんが一匹づつ釣りました。魚は先週から見ると増えているようですが、まだ例年から比べると少ないです。しかし、釣れた魚はどれもぎんびかのいい魚です。
今日はいつものフライ。赤のゾンカーをノーウエイトにしアイを付けたのを使ってみましたが正解でした。三匹ともそれで釣れました。あまりフライにはこだわってませんが新しく作ったもので釣れると気分転換になります。アイ・ラブでした。

快晴なれどうねり高しで・・・
2006/08/25

今年二回目のカラフトマス釣りに行ってきました。同行したのは東京で昔私が勤めていた会社のメンバー三人。三日間滞在のうち是非一度知床の釣りをしたいということで期待をして来られました。
魚は群れが結構入って来たという情報を聞いていたのでくずれ滝かペキンの鼻へ行きたいと思っていたのですがペキンの前まで着いたところで船を止めてみると強い北風とうねりでそこから先へは進めない状態です。ペキンの浜は泊まり組みも含めて満員状態。おまけに強い北風でフライには厳しい状況。という事で戻ってモエレウシヘ行くことに。
モエレウシは二三人の釣り人が居るだけで空いてます。しかし、魚の気配もありません。その内に新しい群れが入ってくるのを期待して始めました。
五時頃から始めて八時頃まで何事もなく時間が過ぎました。湾の中間の辺りでぽつぽつと釣れている所がありそちらへいってみると一箇所だけ盛んにもじっている場所があります。底から真水が出ているところに集まっているのかもしれません。
私たちがやっていた場所で歓声が上がりました。見るとメンバーの渡辺さんの竿が曲がってます。岩のところでやっていたので取り込みづらそうです。
釣れたのは何と一回で二匹。餌釣りの仕掛けが絡みついて魚も付いていたと言う事らしいのですが効率がいいと言うかラッキーなのか魚の少ないときにこういう事があるとは。
暫くすると又掛けましたが掛かって最初に魚に走られたときにラインがバックラッシュをおこし巻くのも出すのもしずらい状態になってます。そこで、後ろにそのまま下がれるところへ移動してきました。その姿はまるで綱引きのようです。
九時頃から同じ場所で盛んにライズが見られる様になりました。皆其処へ入ってやり始めましたが狭く竿の振りづらい場所なのですが目の前で盛んにライズします。最後まで其処で粘りました。
私は二回掛かりましたがいずれもラインが切られてしまいました。山田さんはラインがふけたときに外れてしまいました。
今日の一番の大物を釣ったのはシングルに変えたとたんに掛けた浅見さん。8番のシングルで十分楽しまれました。
魚が薄いモエレウシでしたが8時過ぎから入ってきた群れが十分楽しませてくれました。10時過ぎに終了。初めての皆さんは素晴らしい景色を楽しみ、国後、択捉の島が目の前に見られることも驚きのようでした。帰りの船は素晴らしい景色が心地よい疲れと共に満足感をあたえてくれます。

menu   前ページ   TOPページ   次ページ   東邦館HOME

- Topics Board -
東邦館Home